さのぼりフェア 6月20日~23日開催 | 年間36頭しか出荷しない、未経産雌牛の宮崎牛 BEBUYA

2022/06/19 21:02

水田の多いえびの市では現在田植えが行われています。農家にとって田植えはとても重要な作業ですが、そろそろ疲れがたまってきています。もう少しの頑張りです。
「さのぼり」とは、田植えが終わり、見守ってくれていた「田の神さぁ」に感謝し。今後も何事もなく稲が育ち、豊作となることを願うとともに、田植えに携わった人々の慰労をします。
BEBUYAのある、宮崎県えびの市周辺では、田植えの最終日の夜に、「飲ん方」を開くことがい一般的に行われているのです。

田んぼを持たない家庭でも、この時期が一年の半分を経過し、蒸し暑く、過ごしにくい日々が続くこの頃になると、美味しいものでも食べて、元気を出したくなるので、田植えしてなくても「さのぼり」をしたりします。

そこで、もうすぐ「さのぼり」なので、日頃のご愛顧に感謝して「さのぼフェア」を開催します。
実店舗では6月24日、25日、26日開催ですが、遠方のお客様のために、ネットショップでは、6月20日~23日に「さのぼりフェア」を開催します。

写真は「田の神さぁ」です。
「田の神さぁ」の発音は「たのかんさぁ」です。「ぁ」は敢えて小さい文字にしています。
田の神は、冬は山の神となり、田植えの時期になると里におりてきて、田の神となって田を守り、豊作をもたらすと信じられています。
「さのぼり」の「さ」は神様のことで、田植えを見届けた「田の神さぁ」が天に上がるのを送る祭とも言われています。

弊社ホームページもご覧ください。